トップ > 小山浩子さんの育脳朝ごはん~お手軽&おいしいレシピ集~

管理栄養士・料理家。料理教室の講師や コーディネート、メニュー開発、栄養コ ラム執筆、NHK をはじめ健康番組出演等 幅広く活動。健康と作りやすさに配慮し たオリジナルレシピにファンも多い。

小山浩子オフィシャルHP

[子どもの脳は、「朝ごはん」で決まる!]

[「健康おやつ」で子どもに免疫力を育む!]

第7回材料を入れて炊くだけラザニア+ライ麦パン

脳が元気に働くための、簡単朝ごはんレシピをご紹介。
おなかも脳も大満足で一日をスタートしましょう!


 

脳に必要な栄養が詰まったひと皿に。
ゆでずに使えるラザニアだから簡単。
炊飯器ひとつでできるのもうれしい!

01
■材料を入れて炊くだけラザニア
材料(4 人分)
ラザニア(ゆでなくてもいいタイプ)…………………………… 4枚
トマトソース (缶詰) ……1缶(290g)
ホワイトソース(缶詰) ……2 缶(290g)
蒸し大豆…………………… 50g
魚肉ソーセージ……………2本
ピザ用シュレッドチーズ…60g
 
作り方
① 炊飯器の内釜にトマトソース、大きめに折ってさっとボウルの水にくぐらせたラザニア、ホワイトソース、大豆、輪切りにしたソーセージ、ピザ用シュレッドチーズの順に2回くり返して重ねる。
02
 
②炊飯の早炊きモードで炊く。ラザニアがやわらかくなればOK。
03
 

point

炊飯器を使って手軽にできる栄養満点の一品。DHA が含まれる魚肉ソーセージ、レシチンたっぷりの大豆、カルシウムを含むチーズやホワイトソース。そして、トマトソースには抗酸化作用の高いリコピンが含まれています。これらが全部一度に摂れて、しかも「入れて炊くだけ」でできてしまうんです。下ゆで不要のラザニアを使うのがポイント。グレープフルーツのビタミンC は、鉄分不足を補い、しかも脳に栄養を安定供給する働きもあります。ラザニアに添えるパンは、食物繊維の多い低GI タイプのものがおすすめです。
 
※「低GI」とは、炭水化物が消化されて糖に変化する速さを相対的に表す数値であるGI値が55以下の状態。
血糖値の急上昇を防ぎます。GI値が70以上が「高GI」。

記事一覧

管理栄養士・料理家。料理教室の講師や コーディネート、メニュー開発、栄養コ ラム執筆、NHK をはじめ健康番組出演等 幅広く活動。健康と作りやすさに配慮し たオリジナルレシピにファンも多い。

小山浩子オフィシャルHP

[子どもの脳は、「朝ごはん」で決まる!]

[「健康おやつ」で子どもに免疫力を育む!]