トップえ~本シェルジュ~子どものおすすめ絵本~第24回ケンカのあとに…

[児玉ひろ美]
JPIC 読書アドバイザー 台東区立中央図書館非常勤司書。日本全国を飛び回って、絵本や読み聞かせのすばらしさと上手な読み聞かせのアドバイスを、保育者はじめ親子に広めている。鎌倉女子大学短期大学部非常勤講師など、幅広く活動。近著に『0~5歳 子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド』(小学館)。

0~5歳 子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド

第24回ケンカのあとに…

子ども同士のケンカやトラブル。保育園や幼稚園で起きた時、傍にいないからこそ、心配になってあれこれ聞きだしたくなりますね。そんな時、会話の糸口になりそうな絵本を集めました。
 

「だれが一番?」
01-1633_01
『あかてぬぐいのおくさんと7にんのなかま』イ・ヨンギョン/文・絵 かみやにじ/訳 福音館書店
お針仕事の上手な赤手ぬぐいの奥さんのお昼寝中に「私がいなければ、寸法を測れない」「布を切るのは私」と、7つのお道具たちが喧嘩を始めます。それはもう、大騒ぎ。すると、いつの間にか目を覚ましていた奥さんが...。韓国の古典を基にした、愉しいお話です。お道具の美しさにも心惹かれる1冊。
詳細はこちら
 
and more
『おしゃべりメニューだれがいちばん?』きたあいり/作・絵 ひさかたチャイルド
時計が12回なった夜中に、レストランのメニューの中で「ぼくがいちばん」「わたしがいちばん」と、ケンカが始まりました。それを聞いていたスプーンが尋ねます。「きみたち、そもそも味を知ってるの?」
詳細はこちら
 
 
「解決はユーモアで」
9784564011412
『けんかはやめやさーい』わたなべあや/作 ひかりのくに
人気シリーズの「けんか」編。タイトルからもわかるように、言葉遊びです。かわいいお野菜たちの「けんかはやめやさーいい」「貸してほしい時は「かーしーてー」っていってごらん」などの会話から「はんぶんこ」「じゅんばんこ」「かわりばんこ」などの、大切な生活のルールが伝わります。
詳細はこちら
 
and more
『かぁかぁ もうもう』丹治匠/さく こぐま社
「からすのうたは かぁかぁかぁ。うしのうたは もうもうもう。」気持ちよく歌っていたのに、いつの間にか、声の張り合いから速さや大きさの張り合いに…。掛け合いで読むと楽しく、読後は爽快です。
詳細はこちら
 
 
イヤだ!と言う勇気
01-0514_01
『たろうのともだち』村山桂子/作 堀内誠一/絵 福音館書店
友だちが欲しくて、こおろぎはひよこの、ひよこはねこの、ねこはいぬの。みんな次々家来になってゆきます。でもたろうは「ぼく いやだ!」と、きっぱり断りました。必要な時、自分の気持ちをきちんと使えることの大切さを、幼い子にも伝えられる作品です。
詳細はこちら
 
And more
『さるのオズワルド』エゴン・マチ-セン/作 松岡享子/訳 こぐま社
さるのオズワルドは、小さくてもあいきょうがある人気者です。毎日仲間のさるたちと楽しく暮らしていました。ところが、乱暴でいばりやのボスざるがやってきて…。
詳細はこちら

記事一覧

[児玉ひろ美]
JPIC 読書アドバイザー 台東区立中央図書館非常勤司書。日本全国を飛び回って、絵本や読み聞かせのすばらしさと上手な読み聞かせのアドバイスを、保育者はじめ親子に広めている。鎌倉女子大学短期大学部非常勤講師など、幅広く活動。近著に『0~5歳 子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド』(小学館)。

0~5歳 子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド